• アジアホールディングストップページ
  • ご挨拶
  • アジアグループの歩み
  • 採用情報
  • 会社概要
  • プライバシーポリシー
数年後を見据えた迅速かつ大胆な決断を
会長 兼 CEO 新沼 光


24年前、有限会社アジアハウジングから始まった、アジアグループ。たった二人で始め、地域の皆様のご支援のおかげで、現在は、株式会社アジアホールディングス、株式会社アジハウジング、株式会社首都圏緑化サービス、株式会社アイエー(全4店舗)、株式会社アキラ(全2店舗)、株式会社アジア住宅販売(全4店舗)、株式会社アイエー住宅販売(全6店舗)、アジアクリエイティブ株式会社、株式会社アジアガーデン、フランチャイズの株式会社マチダエステート、株式会社アジア不動産、アジア地所株式会社 の全12社から構成されております。
日本国内のみならず、韓国・アジア不動産(全2店舗)、2019年にはバングラデシュにジャパンアジアリアルエステートダッカも開設し、日本をはじめ、アジア諸国に進出しております。
アジアグループの認知度を高めるために行っております広告宣伝等も、現在では、看板636本(2019年10月末現在)、ラッピングバス広告(全7台)、タクシー広告(全18台)をはじめ、川越花火大会や、東松山花火大会、小江戸川越ハーフマラソン等への協賛、NACK5でのラジオCM、筑波サーキットへの看板掲出、キックボクシング『ビクトリージム』や、女子プロゴルファー育成サポート『ネクストスターチャレンジカップ』、次世代サッカー選手育成サポート『アジアジュニアカップ』等にも協賛し、アジアグループの認知度を高めております。
社会貢献活動なども積極的に行っており、NPO法人SALASUSUへの支援、地域社会の雇用増大など、様々な業者様、地域の皆様より高い信頼を得られるまでになりました。
今後もアジアグループでは、時代のニーズに応え、今後のAI社会に迅速に対応し、日本の経済活性化を考慮しつつ、世界経済の変化にも柔軟に対応し、地域ナンバーワンと支持されるよう、365日一生懸命『Power365』で、社員一丸となり、日々全力で努力を続けて参ります。